Google AdSenseの広告と、楽天・Amazonの商品紹介の仕組みと違い

ネット販売

ホームページの活用方法として、お店のメニューの紹介や所在地を載せるなど、実際の店舗の集客のために利用するのが本来の目的ですが、ホームページ自体で収益化を行うことができるのはご存知でしょうか?

この記事でもすこしご紹介していますが、

簡単に言うと
ホームページ上に広告を掲載することで広告主から売上の一部が還元される

という仕組みです。ホームページを見る人が増えれば増えるほど広告収入が増えますので、人によってはモチベーションの維持にも活用できるかもしれません。この記事ではGoogle AdSense(Googleアドセンス)の広告と、楽天・Amazonの商品紹介の仕組みと違いについて説明します。

ホームページに広告なんて貼れるの?

ネットでホームページなどを見ていたら楽天やAmazonなどの広告が表示されていることに見覚えはないですか?あれが正にそうで、ホームページの所有者が楽天やAmazonの広告を載せているんです。

それに対してGoogleの広告は、正式名称がGoogle AdSense(Googleアドセンス)という名前なんですが、広告自体を見てもGoogleなのかどうかはパッと見ではわかりません。

パッと見では分からないってどういうことかというと、楽天やAmazonの広告の場合は、広告自体に分かりやすく楽天やAmazonのロゴが入っているので、広告のクリック先が楽天やAmazonに飛ぶのだろうなと推測できますよね。

Googleの広告は見た目ではGoogleと分かりません。というのもGoogleが仲介者として広告を出したい企業(広告主)を募集して、Googleの審査が通った企業の広告を表示させるからです。

Googleの広告はホームページを見ている人に合わせて広告を変えてきます。たとえば健康食品の広告を表示させたり、ニキビやダイエットだったり、もっと怪しい広告だったりするわけです。

Googleと楽天・Amazonの違い

もし、ホームページの制作目的として、お店の宣伝目的の他にホームページを見てもらうことによる広告収入を考えているのであれば、Googleの広告と楽天・Amazonの違いについて理解しておきましょう。

収入に関わる大きな違いとしては、「広告がクリックされたあとに商品が売れたかどうか」です。楽天・Amazonの場合、商品リンクをクリックしたあと購入されることで広告収入が発生しますが、Googleの場合は広告がクリックされただけで広告収入が発生します。

広告収入が支払われるまでの流れとしては、以下のようになります。

Google AdSenseの場合
1.「企業」が「Google」に広告を登録します
  ↓
2.「 Google」が広告ツールを「ホームページ制作者」に連絡
  ↓
3.「ホームページ制作者」は広告ツールをホームページに掲載
  ↓
4.広告ツールが自動的に広告を表示
  ↓
5.広告がクリックされたら、企業→Google→ホームページ制作者の流れでお金が支払われます

楽天・Amazonの場合
1.「企業」が「楽天・Amazon」に商品を登録
  ↓
2.「楽天・ Amazon」が商品の広告リンクを「ホームページ制作者」に連絡
  ↓
3.「ホームページ制作者」は広告リンクを掲載し、商品をホームページで紹介
  ↓
4.このリンクをクリックして商品が売れたら、企業→楽天・Amazon→ホームページ制作者の流れでお金が支払われます

Googleと楽天・Amazonの広告、どっちがいいのか

Google AdSenseのような広告を「クリック型報酬広告」、楽天・Amazonのような広告を「成果型報酬」といいます。先程も書いたとおり、クリックされたあと商品が売れるかどうかがポイントになってきます。

広告の報酬単価についてですが、Googleの場合は表示される広告によって金額が変動されますし、楽天・Amazonの場合は売れた商品の数%が報酬単価になります。

どちらにせよ、ホームページを見る人が増えれば増えるほど広告収入は増えますが、その前にそもそもお店のホームページを見る人がどれほどいるのかを考える必要があります。

例えばYahooのようなニュースサイトのように日本中の人がホームページを見るのであれば色んな広告が掲載されるGoogle AdSenseも有効ですが、レストランのようなお店のホームページの場合は見る人が限られます。

その場合は、Google AdSenseよりも、楽天・Amazonの商品広告を使って、お店のホームページを見る人のことを想像しながら販売したい商品の紹介文と広告リンクと掲載した方が購入率は高まりそうです。

あくまでもホームページの本来の目的を忘れないように

この記事ではGoogleや楽天・Amazonの広告についてご紹介しました。ホームページを生かして収益を上げる方法として楽天・Amazonの方が購入率が高まるのではないかと説明をしましたが、商品の紹介文を書くなどそれなりに手間暇がかかります

手軽さを求めるなら、広告のコードを貼り付けるだけで自動的に広告が表示されるGoogle AdSenseをおすすめしますが、ホームページを制作する本来の趣旨としては来店してもらうためだったり、ブランディングが目的だったりするので、いくらGoogle AdSenseが手軽に広告を掲載できるからといって、ホームページを見た人からすると、広告収入を目的としているのかな?と信頼感を損なう恐れがあります。

ですので、例えば「お店のオーナーが愛用しているキッチン用具の商品紹介」といった形でいいものを紹介できるのであれば、楽天やAmazonの広告を使うことで信頼感を失うことなく、収益も見込めていいのではないでしょうか。

どちらにせよ、まずはご自身のお店の集客につながるようなホームページに仕上がってから広告収入についても考えてもいいかもしれません。

広告収入の事ばかり考えてお店の集客につながらなければせっかくのホームページが台無しですので。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP