おすすめの料理器具の紹介でもホームページでお金が稼げる

ネット販売

このブログを読んでくださる人のイメージとして、広告目的や集客目的などのためにホームページを作成することを検討中の方を想定しながらこのブログを書いているので、「オススメの調理器具の紹介でお金が稼げますよ」と言われても、「なんのこと?」と自分には関係なさそうに感じられるかもしれません。

この記事ではホームページを作ることで広がる可能性について紹介したいと思っています。

何のことかと言うと、多くの方はお店への集客やブランディングを目的としてホームページを作ることを検討すると思うのですが、それとは別に収益の柱としても見込める可能性がありますよということをお伝えします。

ホームページでお金を稼ぐには

一般的にホームページで想像されるような、店舗名があって、メニュー表があって、価格が載っていて、住所があって、店の雰囲気を感じ取ってもらうためのホームページを作るだけでなく、どうせならホームページ自体でお金を稼いでしまうことも考えられたら一石二鳥です。

ホームページ自体でお金を稼ぐというと胡散臭く感じられますが、簡単に説明すると広告を表示してホームページの訪問者がその広告から商品を購入すると購入金額の数%がもらえるという仕組みです。

専門用語で言うとアフィリエイトと呼ばれるもので、インターネット業界では浸透してきましたが、一般的にはまだまだ認知度が低い販売手法です。

とは言っても、もらえる金額的には1件あたり3%~8%程度なので、例えば3,000円のものを販売したとして90円~240円くらいにしかなりませんし、そもそも簡単に売れず、売れるまでには相当時間がかかります

ホームページは上位表示されないと誰の目にも触れない

それでもなぜおすすめするかと言うと、ホームページは検索結果で上位表示されないと誰の目にも触れられないという、ホームページ制作者にとって不都合な真実があるからです。

飲食店のオーナーがお店への集客目的やブランディング目的でホームページを作ったとしても、作っただけでは目的を達成することがほぼ無理で、むしろ作ってからが勝負なのですが、このあたりを正しく伝えないホームページ業者はいないと言いたいところですが、残念ながら少なからずいることも事実です。

どうして誰の目にも触れられないかと言うと、ご自身で何か調べものを検索するときのことを想像してもらいたいのですが、例えば美味しいパスタを食べたいと思った時に、「パスタ 〇〇区」などと、お住いの地域と食べたいものを合わせて検索すると思います。

その表示された検索結果を上から順に見ていくわけですが、検索結果の中に自分のホームページが出てこない限り誰にも見てもらえないわけです。

最近だと、「食べログ」や「ぐるなび」などのレストラン情報サイトが上位表示されますので、個人のホームページで上位表示を狙うのはかなり厳しいです。

なので「パスタ 〇〇区」のワードをもっと細分化して、「パスタ 〇〇区 テイクアウト」や「パスタ 〇〇区 子連れ」など、一般の人が調べそうな言葉を想像して、ホームページを制作する必要があります。

何のキーワードで表示表示されるかも重要

また、当然ですが、お店と関係ないキーワードで検索結果に上位表示しても意味がないことはご理解いただけるかと思います。

ですので、上位表示させたいキーワードを事前に狙ってホームページを構築する必要があります。そのために事前の設計が大事になってきます。

具体的に考えると、飲食店の場合は、料理関係のキーワードか食材関係のキーワード、「〇〇区」のような地域のキーワードも狙っていきたいです。

最近はレシピ関係のキーワードも人気があって、そういった記事の中で調理器具を紹介して、商品の購入リンクも載せておくと上位表示された時に売ることができます。

具体的な飲食店の戦略

お店と関連のあるキーワードで上位表示させることを最終目標として設計をしていくのですが、まずは検索する人が少なそうなキーワードや、お店の人でしか詳しく記事が書けないようなキーワードを狙っていきます。

前者の検索する人が少なそうなキーワードの例としては、さきほどのパスタで考えると「パスタ 〇〇区 デート」とかですかね。それでも激戦にはなると思いますので、こういったキーワードをホームページ制作の事前設計で一緒に考えさせていただきます

後者の、お店の人でしか詳しく記事が書けないようなキーワードというのはどういうのかと言うと、こちらもパスタで考えると、「イカスミパスタ 作り方 簡単」のような料理人でないと書けないような記事を狙っていくわけです。

将来的に自社製品を作って通販まで

こういう記事で上位表示されることによって、ホームページ自体の信頼性も高まってくると、狙っていないようなキーワードでも上位表示されるようになってきます。

そうなってくるとホームページからの収益は事業の柱にもなってきますし、お店のオリジナル商品を開発してホームページ上で販売するといったことも視野にいれることができます。

だいぶ大風呂敷を広げた話になりましたが、ホームページを作るというのはとても夢があります。とりあえずホームページがあったらいいと考えるのではなく真剣に取り組むことで事業が広がりますので、ぜひチャレンジしてみてください。

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP